M&A活用方法

HOME > M&Aは辞めることではない

M&Aは辞めることではない

顧問先や職員さんは内心心配している

所長先生が高齢になると、実は顧問先や職員は内心で不安を抱えているのをご存知ですか?

「最近に、所長の顔をなかなか見なくなった」
「体力がなくなり、病気がちになった」

長年付き合いのある顧問先や職員さんほど、所長先生の変化を敏感に感じているものです。そして、心配していることをなかなか口に出して言えないものです。

M&Aを行った先生のほとんどが、顧問先から「先生、良い人が見つかってよかったね」「これからも面倒見てくださいね」と喜ばれています。

所長先生が決めた決断、またお相手であれば、きっと顧問先も職員も喜んでくれるでしょう。


M&Aはやめることではない

当協会にご相談にいらっしゃる所長先生の中には「M&Aをすると辞めなければいけない」「今までやってきた仕事がなくなってしまう」と思われる方が少なくありません。

もちろん、業務から離れたい、引退したいという理由でM&Aをする先生もいらっしゃいます。しかし、仕事を生涯続けるためにも、M&Aが有効なのです。

引退せず、生涯仕事を続けるにしても、後継者が不在で「自分に何かあったらどうしよう」と不安を抱えたまま業務を続けるより、サポート役がしっかり存在し、「何かあっても大丈夫」と実感して仕事をするのでは、精神的に天と地ほどの差があります。

心配事がない状態のほうが、いい仕事ができるのは言うまでもありません。

<< 一覧へ戻る

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。03-5420-2711 (受付時間:平日9:00~17:30

無料相談受付中!お気軽にお問い合わせください

お電話からのご相談(受付時間:平日9:00~17:30)03-5420-2711。FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております。 FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております。メール・FAXでのご相談(24時間受付)

FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております