M&A活用方法

HOME > 事業承継の方法は3タイプ

事業承継の方法は3タイプ

会計事務所の事業承継後のかかわり方は大きく3つのタイプがあります。一つひとつ見ていきましょう。

新たな事業主の下で続ける

他の事務所の傘下に入り、経営をゆだねて、新たな事業主の下で業務を続けるタイプです。所長先生はいち職員または社員税理士として、税理士業務を継続します。税理士法人の一支店として所属し、税理士業務は行わず、相談役・会長として籍をおくという方法もあります。

《こんな方にオススメ》

●事務所経営よりも、税務の仕事に集中したい
●生き残るためには、勢いのある事務所の傘下に入った方が得策と考えている
●トップとして走り続けるのに疲れたが、まだ辞めるわけにはいかない
●事務所を立て直すために経営を誰かに委ねたい

一定期間パートナーと一緒に続け、その後リタイア

3~5年の間は籍を置き、中長期的にじっくりと顧問先を引き継いでいきます。一定期間が経過し、所長先生の希望するタイミングでリタイアするタイプです。

《こんな方にオススメ》

●まだ元気だが、不測の事態に備えておきたい
●職員に将来の道付けをしてあげたい
●後継者問題の不安から開放されたい
●顧問先に不安を与えないように、じっくり引き継ぎたい

完全に譲渡し、業務を続けない

引き継ぎを済ませたら、完全に引退するタイプです。

《こんな方にオススメ》

●現役を退いて、ゆっくり旅行したい
●息子(娘)がいる海外でのんびり暮らしたい
●体調が良くないので、しばらく静養したい

これら3タイプのうち、どれを選べばいいかは、所長先生のお悩みの内容によります。ご希望をお伺いし、最適なプランをご提案しております。

<< 一覧へ戻る