M&A活用方法

HOME > 「5年後」と考えているなら今から準備が必要

「5年後」と考えているなら今から準備が必要

会計事務所のM&Aは、解決しなければならない課題がたくさんあります。

後継者探しや引き継ぎ条件、また顧問先や職員の承継など、細部を詰めていくといくら時間があっても足りません。

また、物品のやり取りだけでなく、顧問先や職員といった人間が絡んだやり取りとなるため、慎重に進める必要があります。

M&Aで最も大切かつデリケートな、顧問先や職員の引き継ぎには最低1年から3年の期間を確保しましょう。

加えて後継者探しや条件の話し合いの時間を考えると、5年は見たほうが安全です。

「5年後」と考えるなら今から準備が必要です。

前もって引き際を決めておくことが大事

税理士には定年がありません。しかし、誰にでも必ず引き際が訪れます。

「何年後」と具体的な引き際を意識して決めないと、ずるずる時間だけが経過してしまいます。

まずは引退する時期を決め、そこから逆算していま何をすべきかを考えましょう。

<< 一覧へ戻る

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。03-5420-2711 (受付時間:平日9:00~17:30

無料相談受付中!お気軽にお問い合わせください

お電話からのご相談(受付時間:平日9:00~17:30)03-5420-2711。FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております。 FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております。メール・FAXでのご相談(24時間受付)

FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております