M&A活用方法

HOME > 「5年後」と考えているなら今から準備が必要

「5年後」と考えているなら今から準備が必要

会計事務所のM&Aは、解決しなければならない課題や講義事項も多く、引き継ぎに時間をかけた方がスムーズに継承が可能です。

特に、顧問先や職員といった人間が絡んだやり取りとなるため、慎重に進める必要があります。

M&Aで最も大切かつデリケートな、顧問先や職員の引き継ぎに最低1年から3年の期間を確保できると余裕を持って進めることができます。

加えて後継者探しや条件の話し合いの時間を考えると、5年は見たほうが安全です。

そのため、「5年後」と考えるなら今から準備が必要です。

前もって引き際を決めておくことが大事

税理士には定年がありません。しかし、誰にでも必ず引き際が訪れます。

「何年後」と具体的な引き際を意識して決めないと、ずるずる時間だけが経過してしまいます。

まずは引退する時期を決め、そこから逆算していま何をすべきかを考えましょう。

<< 一覧へ戻る