M&A活用方法

HOME > 決断は早ければ早いほどよい

決断は早ければ早いほどよい

M&Aの決断をタイミングが手遅れになってしまうと、一方的に焦ってしまい、不幸な結果を招いてしまいます。

業務や事務所から離れる不安や寂しさを考えると、ついつい決断を先延ばししてしまいがち。ましてや、今現在、所長として事務所を回していける状態ならばなおさらです。

しかし、M&Aの決断が早ければ早いほど、余裕をもった準備期間を確保できます。交渉も安心して進められ、成功できる可能性も大幅に高くなります。

売上が順調で、事務所が安定している状況だと、M&Aについて考えないものですが、そんな順調なときのほうが、条件においても有利に進められるため、むしろM&Aを決断すべきときなのです。

専門家に任せて希望を打ち明ける

M&Aでは、先生方が想像する以上に、決めるべきことがたくさんあります。

まず、M&Aによって何を実現したいのか、希望をまとめておく必要があります。そして、それを専門家に打ち明けましょう。一般的なご希望の項目やポイントなどヒアリングさせて頂き、一緒にまとめていきますのでご安心ください。

金銭面については、少し話しづらい部分もあるでしょう。しかし、ここをあいまいにすると後で必ずトラブルになります。

専門家にすべて任せて、細かい条件(「自分の車や絵画等は譲渡しない」「書籍は引き継がない」など)でも、条件をすべて明確にして契約書面に明記することで、トラブルを回避できます。

<< 一覧へ戻る