会計事務所の譲り渡し(事務所を売りたい方)し

HOME > 会計事務所の譲り渡し(事務所を売りたい方)

会計事務所の譲り渡し(事務所を売りたい方)

このようなお悩みや問題はございませんか?

  • 事務所に自分以外に税理士資格を保有している者がいない
  • 後を継がせようと思っていた税理士が辞めてしまった
  • 経営能力のある後継者に事務所を引き継ぎたい
  • 今のうちから自分の引退を視野に入れて法人化しておきたい

会計事務所M&A支援協会がお悩みやご要望解決いたします。

事務所を他の税理士法人等に事業承継する場合のメリット・デメリット

メリット

  • 候補者を多数から選択できる
  • 大手事務所の傘下に入ることで雇用の安定が叶う
  • 顧問先に安心してもらえる
  • 事業規模が大きくなることで、今まで以上のサービスが提供できる
  • 事務所の将来が見える
  • 安心して働き続ける環境ができる

デメリット

  • 事務所の経営権を承継する
  • 看板、事務所名が変わる
  • 相手先を誤ると、職員を解雇される
  • 顧問先が離れる可能性がある

会計事務所M&A支援協会では、メリット・デメリットを踏まえどのような解決方法が最も事務所に適しているかまた先生のご意向に合うかを相談しご提案をさせていただきます。

サービスの流れ

お問い合わせ

1.お問い合わせ
お電話かお問い合わせフォームより弊社にご連絡下さい。
専門のコンサルタントよりご連絡をさせていただきます。

矢印
初回ご相談

2.初回ご相談
専門のコンサルタントがどのような後継者を採用したいかや事務所の今後の方向性について、お電話か直接ご訪問のうえ確認させていただきます。
初回ご相談ではあくまでも先生のご意向や現在の状況についてのみ相談させていただきます。

矢印
アドバイザリー契約

3.アドバイザリー契約
守秘義務契約を結んだ上で詳細情報を伺い、具体的な条件の確認を行います。その上でベストな方法をご提案させていただきます。

矢印
ご紹介(ノンネームでのご提案)

4.ご紹介(ノンネームでのご提案)
まず個人の特定ができない範囲内で双方に基本情報をご確認いただきます。合意に至った場合、面談の場を設定いたします。

矢印
面談

5.面談
弊社の専門コンサルタント同席のもと、面談をしていただきます。この面談時に守秘義務契約を締結いたします。。

矢印
基本合意契約

6.基本合意契約
弊社を仲介役として、後継者の受け入れ方法や承継方法、その他の各種条件を綿密な話し合いの上で具体化し、基本合意契約の締結を行います。

矢印
譲渡契約の締結

7.譲渡契約の締結
実態調査を行い、条件が整備された後に双方合意の上で譲渡契約を締結します。

お問い合わせフォーム

<< 一覧へ戻る

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。03-5420-2711 (受付時間:平日9:00~17:30

無料相談受付中!お気軽にお問い合わせください

お電話からのご相談(受付時間:平日9:00~17:30)03-5420-2711。FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております。 FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております。メール・FAXでのご相談(24時間受付)

FAXご相談用のダウンロード・シートもご用意しております