顧問先について

顧問先について

Q: 古くからの顧問先を2件だけ自分で面倒を見たいのですが?

A: 業務の内容にもよりますが、基本的にM&Aを行うと、競業避止のため一定期間は新たに個人事務所で税務業務を行うことはできません。
事前に相手の事務所としっかりと取り決めをして、どのように業務を行っていくのかを相談し決めておく必要があります。

Q: 顧問先とサービス内容はどうなりますか?

A: 職員同様、顧問先にも不安や動揺を与えてはいけません。一定期間はサービス内容や顧問契約内容は今まで通りそのまま引き継いでもらう方がよいでしょう。
引き継ぎについては、所長先生と新事務所の先生とで一緒に訪問し、大規模化により今まで以上のサービスの提供ができる、という形で安心を与えることが大事です。
M&Aを行うことについての説明の仕方を間違えると、顧問先が離れてしまう危険性があります。慎重に言葉を選んで説明しましょう。職員・顧問先への説明方法についてもアドバイスさせて頂きます。
特に、長年付き合いのある顧問先については、所長先生が離れてしまうと、一緒に離れてしまう可能性が高いので、十分にフォローする必要があります。

Q: オフィスは残したほうがいいですか?

A: 「事務所のオフィスをどうするか?」は、事業規模や承継方法によって決めていきます。基本的に一定期間は今の事務所をそのまま変えないで利用する方がよいでしょう。
ただし、オフィスの利便性が悪く、営業活動などに向かない場合には、一定期間が経過したら、利便性などの向上が見込めて営業拠点として適している場所に、事務所を移転するケースがあります。

Q: 事務所内の備品などはどこまで承継しますか?

A: 基本的に、事務所の経営に必要な備品や、コピー機やソフト、また車両のリースといった負債は、基本的に事務所の経営を継続していくうえで必要ならば、すべて引き継ぐことが望ましいです。
一方、絵画や置物などの高価なものや、車両や書籍など私用で使うものについては、承継の対象から切り離すことも可能です。
このあたりも、事前に決められる範囲、わかる範囲でお互いに確認することが大切です。

どのような時にM&Aを活用したらよいか

会計事務所M&A支援協会®がお手伝いしてきた事例を交えて、
「会計事務所のM&A・事業承継」について解説をいたします。

  • 会計事務所のM&Aとは

    会計事務所のM&Aというと、2つの事務所が法人化等によって合併するイメージを思いがちです。しかし、合併でうまくいっているケースはほとんどありません。なぜだと思いますか?

    もっと見る

  • M&Aの相談が急増!

    ここ数年の間に会計事務所のM&A相談が急激に増えています。
    当協会にも日々、さまざまな相談が寄せられています。

    もっと見る

  • 売り手市場から買い手市場へ

    少し前までは、譲渡という考え方が認知されなかったこともあり、譲渡側の相談件数が非常に少なく、超売り手市場でした。

    もっと見る

  • M&Aによって得られる安心と成功

    所長先生が長年築いてきた事務所を、誰に任せるかということは非常に重要な問題です。

    もっと見る

詳しくはこちら

M&A、事業承継に関する
こんなお悩みはありませんか?

会計事務所M&A支援協会®が
お悩みを解決します

  • M&Aによって、どのくらいの対価を得られますか?
  • 引継期間中にもしものことがあった場合には、どうなりますか?
  • M&Aのことを事前に職員に話した方が良いですか?
  • 職員や顧問先を引き受けてもらいたいのだけど。

よくある質問はこちら

メール・FAXでの
ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください

会計事務所の事業承継・M&Aに関するご質問・ご相談を受け付けております。(秘密厳守)

  • 顧問先はどう引き継ぐ?
  • 承継期間はどれくらい?
  • 職員の生活、待遇は?

お問い合わせはこちら

書籍

事例でわかる会計事務所M&Aの準備と進め方

所長や家族はもちろん、職員や顧問先も安心できる、M&A成功の秘訣

  • 出版社:三交社
  • 2015年4月3日発刊
  • 著者:株式会社アックスコンサルティング 代表取締役 広瀬元義

詳細はこちら