「5年後」と考えているなら今から準備が必要

「5年後」と考えているなら今から準備が必要

会計事務所のM&Aは、解決しなければならない課題や講義事項も多く、引き継ぎに時間をかけた方がスムーズに継承が可能です。

特に、顧問先や職員といった人間が絡んだやり取りとなるため、慎重に進める必要があります。

M&Aで最も大切かつデリケートな、顧問先や職員の引き継ぎに最低1年から3年の期間を確保できると余裕を持って進めることができます。

加えて後継者探しや条件の話し合いの時間を考えると、5年は見たほうが安全です。

そのため、「5年後」と考えるなら今から準備が必要です。

前もって引き際を決めておくことが大事

税理士には定年がありません。しかし、誰にでも必ず引き際が訪れます。

「何年後」と具体的な引き際を意識して決めないと、ずるずる時間だけが経過してしまいます。

まずは引退する時期を決め、そこから逆算していま何をすべきかを考えましょう。

どのような時にM&Aを活用したらよいか

会計事務所M&A支援協会®がお手伝いしてきた事例を交えて、
「会計事務所のM&A・事業承継」について解説をいたします。

  • 会計事務所のM&Aとは

    会計事務所のM&Aというと、2つの事務所が法人化等によって合併するイメージを思いがちです。しかし、合併でうまくいっているケースはほとんどありません。なぜだと思いますか?

    もっと見る

  • M&Aの相談が急増!

    ここ数年の間に会計事務所のM&A相談が急激に増えています。
    当協会にも日々、さまざまな相談が寄せられています。

    もっと見る

  • 売り手市場から買い手市場へ

    少し前までは、譲渡という考え方が認知されなかったこともあり、譲渡側の相談件数が非常に少なく、超売り手市場でした。

    もっと見る

  • M&Aによって得られる安心と成功

    所長先生が長年築いてきた事務所を、誰に任せるかということは非常に重要な問題です。

    もっと見る

詳しくはこちら

M&A、事業承継に関する
こんなお悩みはありませんか?

会計事務所M&A支援協会®が
お悩みを解決します

  • M&Aによって、どのくらいの対価を得られますか?
  • 引継期間中にもしものことがあった場合には、どうなりますか?
  • M&Aのことを事前に職員に話した方が良いですか?
  • 職員や顧問先を引き受けてもらいたいのだけど。

よくある質問はこちら

メール・FAXでの
ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください

会計事務所の事業承継・M&Aに関するご質問・ご相談を受け付けております。(秘密厳守)

  • 顧問先はどう引き継ぐ?
  • 承継期間はどれくらい?
  • 職員の生活、待遇は?

お問い合わせはこちら

書籍

事例でわかる会計事務所M&Aの準備と進め方

所長や家族はもちろん、職員や顧問先も安心できる、M&A成功の秘訣

  • 出版社:三交社
  • 2015年4月3日発刊
  • 著者:株式会社アックスコンサルティング 代表取締役 広瀬元義

詳細はこちら