M&Aは時間を買うこと

M&Aは時間を買うこと

最近では、拡大志向を持った事務所が多く、地方にも積極的に進出している事務所も多く目にするようになりました。

何もない状況から拠点を作るとなると、場所の問題、人の問題、地域性の問題等、細かいところを考え、相当な費用と時間を費やすことになります。それだけ人もお金も投資して、軌道に乗らずに事務所をたたむことになったとしたら、その被害は甚大です。

M&Aを有効に活用している事務所は、M&Aを拡大戦略の手段として捉え、その地域の新たな拠点進出や、地の利のわからない場所における基盤づくりのために、積極的にM&Aを行なっています。

ただ引き継ぐだけでは必ず失敗する

会計業界が変わり、どの事務所も売上の確保や、維持が大変になった今、「事務所を引き継ぎたい」という事務所は多くいらっしゃいます。これは、この厳しい時代に新規で一件ずつ地道に顧客を獲得するよりも、はるかに効率がよいので当然かと思います。

しかし、その目的を誤ってしまうと、結果として大きく失敗してしまうこともあります。

よくあるケースとしては、「M&Aは簡単に顧問先が増えるし、売上が伸びる」という理由で引き継ぎたいと話される先生がいます。

この考えは間違ってはいませんが、M&Aではその後のビジョンや引き継ぎ方法、マネンジメントまで考える必要があります。

安易に譲渡してしまうと、職員や顧問先が離れてしまい、「譲渡対価を減額してほしい」「こんなことなら引き継がない方がよかった」など、結局売り手と買い手が仲違いしてしまい、お互い不幸になってしまいます。

どのような時にM&Aを活用したらよいか

会計事務所M&A支援協会®がお手伝いしてきた事例を交えて、
「会計事務所のM&A・事業承継」について解説をいたします。

  • 会計事務所のM&Aとは

    会計事務所のM&Aというと、2つの事務所が法人化等によって合併するイメージを思いがちです。しかし、合併でうまくいっているケースはほとんどありません。なぜだと思いますか?

    もっと見る

  • M&Aの相談が急増!

    ここ数年の間に会計事務所のM&A相談が急激に増えています。
    当協会にも日々、さまざまな相談が寄せられています。

    もっと見る

  • 売り手市場から買い手市場へ

    少し前までは、譲渡という考え方が認知されなかったこともあり、譲渡側の相談件数が非常に少なく、超売り手市場でした。

    もっと見る

  • M&Aによって得られる安心と成功

    所長先生が長年築いてきた事務所を、誰に任せるかということは非常に重要な問題です。

    もっと見る

詳しくはこちら

M&A、事業承継に関する
こんなお悩みはありませんか?

会計事務所M&A支援協会®が
お悩みを解決します

  • M&Aによって、どのくらいの対価を得られますか?
  • 引継期間中にもしものことがあった場合には、どうなりますか?
  • M&Aのことを事前に職員に話した方が良いですか?
  • 職員や顧問先を引き受けてもらいたいのだけど。

よくある質問はこちら

メール・FAXでの
ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください

会計事務所の事業承継・M&Aに関するご質問・ご相談を受け付けております。(秘密厳守)

  • 顧問先はどう引き継ぐ?
  • 承継期間はどれくらい?
  • 職員の生活、待遇は?

お問い合わせはこちら

書籍

事例でわかる会計事務所M&Aの準備と進め方

所長や家族はもちろん、職員や顧問先も安心できる、M&A成功の秘訣

  • 出版社:三交社
  • 2015年4月3日発刊
  • 著者:株式会社アックスコンサルティング 代表取締役 広瀬元義

詳細はこちら