コラム

M&Aによる事業承継でハッピーリタイアに成功した先生のお話

新年度を迎えたこの時期は、
ご事務所の今後について考える先生も多く、
後継者問題や事業承継、M&Aに関する
ご相談を受ける機会が多くなります。

今回は、事務所の後継者問題に悩む税理士の先生が、
M&Aによる事業承継でハッピーリタイアされたお話です。

その先生は都内で開業してから20年間、
実績と信頼を積み重ねてお客様を増やし
職員の人数も徐々に雇用できるようになり、
事務所を順調に大きくしてきました。

しかし、先生が50代半ばに差し掛かったころ、
毎年の繁忙期をはじめ、次第に体力面で厳しくなり、
現役を続けることに限界を感じ始めていました。

先生にはもうすぐ大学を卒業する息子さんがいて
就職して手がかからなくなったら、
タイミングを見て現役を退きたいと考えていました。

それから5年…。

先生はまだ現役を続けられていました。

息子さんは大学を無事卒業して就職もされたのですが、
事務所の後継者問題により先生は引退できずにいたのです。

先生は、

「あと何年繁忙期を乗り越えればいいんだろう…」
「早く引退してゆっくり過ごす時間がほしい…」

と悩みながらも事務所を閉じるわけにいかず
悩んでいたところ、私のメルマガを見てご相談をいただきました。

さっそく先生とお会いしてお話を伺うと

「できるだけ早く引退をしたいのですが、
事務所を引き継いでくれる人がいません。

既存の顧問先や職員には迷惑をかけずに、
引退できる方法はないでしょうか」

とのこと。

そこで私は先生にM&Aによる事業承継をご提案し、
必要な要件を確認しながら
ご要望に合う譲受事務所をお探ししました。

その結果およそ半年後に、新拠点を探していた
税理士法人に引き継いでもらうことになり、
顧問先や職員の雇用を守ることができました。

こうして先生は無事に所長を引退することができたのです。

今では、事務所を譲り渡した際にできた資金で、
同世代の仲間と趣味のゴルフを目いっぱい楽しんだり
奥様と好きなときに好きな場所へ旅行に行ったりするなど、
リタイア後の幸せな生活を送っていられるそうです。

私の所属する「会計事務所M&A支援協会」には
先生方の課題・お悩み別に合わせた
たくさんの解決手段があります。
  • 後継者問題により引退できない
  • 急な諸事情で事務所を閉じなくてはいけなくなった
  • 事業承継を前もって準備しておきたい
といった悩みをお持ちの先生は、お気軽にご相談ください。

▼お問い合わせはこちら

一覧に戻る

どのような時にM&Aを活用したらよいか

会計事務所M&A支援協会®がお手伝いしてきた事例を交えて、
「会計事務所のM&A・事業承継」について解説をいたします。

  • 会計事務所のM&Aとは

    会計事務所のM&Aというと、2つの事務所が法人化等によって合併するイメージを思いがちです。しかし、合併でうまくいっているケースはほとんどありません。なぜだと思いますか?

    もっと見る

  • M&Aの相談が急増!

    ここ数年の間に会計事務所のM&A相談が急激に増えています。
    当協会にも日々、さまざまな相談が寄せられています。

    もっと見る

  • 売り手市場から買い手市場へ

    少し前までは、譲渡という考え方が認知されなかったこともあり、譲渡側の相談件数が非常に少なく、超売り手市場でした。

    もっと見る

  • M&Aによって得られる安心と成功

    所長先生が長年築いてきた事務所を、誰に任せるかということは非常に重要な問題です。

    もっと見る

詳しくはこちら

M&A、事業承継に関する
こんなお悩みはありませんか?

会計事務所M&A支援協会®が
お悩みを解決します

  • M&Aによって、どのくらいの対価を得られますか?
  • 引継期間中にもしものことがあった場合には、どうなりますか?
  • M&Aのことを事前に職員に話した方が良いですか?
  • 職員や顧問先を引き受けてもらいたいのだけど。

よくある質問はこちら

メール・FAXでの
ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください

会計事務所の事業承継・M&Aに関するご質問・ご相談を受け付けております。(秘密厳守)

  • 顧問先はどう引き継ぐ?
  • 承継期間はどれくらい?
  • 職員の生活、待遇は?

お問い合わせはこちら

書籍

事例でわかる会計事務所M&Aの準備と進め方

所長や家族はもちろん、職員や顧問先も安心できる、M&A成功の秘訣

  • 出版社:三交社
  • 2015年4月3日発刊
  • 著者:株式会社アックスコンサルティング 代表取締役 広瀬元義

詳細はこちら