M&Aの進め方

会計事務所M&Aは、事務所や所長先生の現状・今後の方針により、さまざまな手法があります。
将来設計の成功に向けて専任コンサルタントが最適な提案をいたします。

会計事務所M&Aの具体的な進め方

  1. 1.お問い合わせ

    お電話かお問い合わせフォームより弊社にご連絡下さい。
    専門のコンサルタントよりご連絡をさせていただきます。

  2. 2.無料相談

    事務所の今後の方向性や先生のご希望、ご状況について、お電話か直接ご訪問のうえ確認させていただきます。
    初回ご相談ではあくまでも先生のご意向や現在の状況についてのみ相談させていただきます。

  3. 3.アドバイザリー契約

    秘密保持契約の入ったアドバイザリー契約を結ばせていただいた後に、具体的な資料をお預かりして、お相手候補の打診、条件の交渉を進めていきます。

  4. 4.ご紹介(ノンネームでのご提案)

    特定情報は出さずに、弊社にご登録いただいているご事務所に打診を進めていきます。具体的な候補が出そろい次第、条件や候補のご事務所の特徴などをお伝えさせて頂き、面談先を決定していきます。

  5. 5.面談

    弊社のコンサルタントが同席のもと、お相手と今後の方向性や理念などのすり合わせを進めていきます。もちろん、お相手のご事務所とも秘密保持契約を結ばせて頂いております。

  6. 6.基本合意契約

    大枠の条件を基本合意契約書の書面にまとめます。その後、実態調査(デューデリジェンス)を行い、詳細な条件をすり合わせていきます。

  7. 7.譲渡契約の締結

    実態調査(デューデリジェンス)の結果を踏まえ、最終契約書を作成し、統合へ向け準備を進めていきます。

  8. /web

ワンポイントアドバイス

納得したお相手と納得のいく条件でお話を進めるためには、しっかりと時間(半年~1年)をかけて行う必要があります。3年後や1年後を見据えてのご検討、ご相談が重要となります。

所長先生のご要望を丁寧にお伺いし、最適な方法で進めます。まずはご相談ください。
先生のお考えやご希望、貴事務所の状況をお伺いし、ご安心いただけるM&Aの方法をご提案します。

どのような時にM&Aを活用したらよいか

会計事務所M&A支援協会®がお手伝いしてきた事例を交えて、
「会計事務所のM&A・事業承継」について解説をいたします。

  • 会計事務所のM&Aとは

    会計事務所のM&Aというと、2つの事務所が法人化等によって合併するイメージを思いがちです。しかし、合併でうまくいっているケースはほとんどありません。なぜだと思いますか?

    もっと見る

  • M&Aの相談が急増!

    ここ数年の間に会計事務所のM&A相談が急激に増えています。
    当協会にも日々、さまざまな相談が寄せられています。

    もっと見る

  • 売り手市場から買い手市場へ

    少し前までは、譲渡という考え方が認知されなかったこともあり、譲渡側の相談件数が非常に少なく、超売り手市場でした。

    もっと見る

  • M&Aによって得られる安心と成功

    所長先生が長年築いてきた事務所を、誰に任せるかということは非常に重要な問題です。

    もっと見る

詳しくはこちら

M&A、事業承継に関する
こんなお悩みはありませんか?

会計事務所M&A支援協会®が
お悩みを解決します

  • M&Aによって、どのくらいの対価を得られますか?
  • 引継期間中にもしものことがあった場合には、どうなりますか?
  • M&Aのことを事前に職員に話した方が良いですか?
  • 職員や顧問先を引き受けてもらいたいのだけど。

よくある質問はこちら

メール・FAXでの
ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください

会計事務所の事業承継・M&Aに関するご質問・ご相談を受け付けております。(秘密厳守)

  • 顧問先はどう引き継ぐ?
  • 承継期間はどれくらい?
  • 職員の生活、待遇は?

お問い合わせはこちら

書籍

令和最新版 事例でわかる会計事務所M&Aの準備と進め方

所長や家族はもちろん、職員や顧問先も安心できる、M&A成功の秘訣

  • 出版社:株式会社アックスコンサルティング
  • 2022年11月30日発刊
  • 著者:株式会社アックスコンサルティング 代表取締役 広瀬元義 / 西澤健太 / 前田浩輝 / 原壮宏

詳細はこちら