よくある質問

M&Aは具体的にどのように進めたらよいのですか?

Q.M&Aは具体的にどのように進めたらよいのですか?

A.個別相談から、契約の締結、事務所の評価などいくつもの段階に分けて対応が必要になります。



M&Aによる事務所の譲渡は、
一般的に下記の手順で進めていきます。

<会計事務所M&Aの手順>
      個別相談
      アドバイザリー契約の締結
      資料収集
      事務所評価の算定
      ノンネームの作成
      承継スキームの提案
      譲受事務所の所長との面談
      承継条件の交渉
      基本合意契約
      実態調査
      最終条件の確認
      譲渡契約の締結

M&Aに至るまでには、いくつもの段階を経なければならず、1~3年を要するのが一般的です。
その過程において多くの決断を迫られるため、なるべく早くご相談いただくことをお勧めします。

一覧に戻る

M&A、事業承継に関する
こんなお悩みはありませんか?

会計事務所M&A支援協会®が
お悩みを解決します

  • M&Aによって、どのくらいの対価を得られますか?
  • 引継期間中にもしものことがあった場合には、どうなりますか?
  • M&Aのことを事前に職員に話した方が良いですか?
  • 職員や顧問先を引き受けてもらいたいのだけど。

よくある質問はこちら

メール・FAXでの
ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください

会計事務所の事業承継・M&Aに関するご質問・ご相談を受け付けております。(秘密厳守)

  • 顧問先はどう引き継ぐ?
  • 承継期間はどれくらい?
  • 職員の生活、待遇は?

お問い合わせはこちら

書籍

令和最新版 事例でわかる会計事務所M&Aの準備と進め方

所長や家族はもちろん、職員や顧問先も安心できる、M&A成功の秘訣

  • 出版社:株式会社アックスコンサルティング
  • 2022年11月30日発刊
  • 著者:株式会社アックスコンサルティング 代表取締役 広瀬元義 / 西澤健太 / 前田浩輝 / 原壮宏

詳細はこちら